矢田の渡し Photo Album 今と20年前

qrcode.png
http://aquaplaza-ishihara.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

アクアプラザいしはら
有限会社石原養鯉場
〒690-0021
島根県松江市矢田町20-1
TEL.0852-22-1140
FAX.0852-31-7564
出雲なんきん、らんちゅう、金魚、めだか、観賞魚全般、海水魚、珊瑚、水槽、水槽器具、書籍、水槽メンテナンス、水槽設備
 

矢田の渡し 昔のPhoto Album

 

矢田の渡し第二多賀丸

矢田の渡し第二多賀丸
 
大橋川渡しの見える風景 朝酌側の渡船
はるか向こうに、朝酌側の渡船がみえます。
 
渡船乗り場の正月 朝酌側乗り場の正月
朝酌場船場の正月
20~30年以上前の写真です。
記録がなく、正確にわかりません。
 
すみません。写真の画質がとっても悪いです。
リバーサルフィルムを手っ取り早く、デジカメのデータにするために、コンパクトデジカメsony TX-5でライトボックスの上に載せたスライドを手持ち、4㎝の距離で複写した結果です。
 
再現範囲(ラチュード)が大変狭く、色の偏り、ピントも今一つ・・・でも不思議と、昔の感じが出たとおもいます。
次の機会に複写をし直して、更新したいと思っています。
 
 
第二多賀丸 第二多賀丸の正月
第二多賀丸
1971年(昭和46年)から1998年(平成10年)まで27年間就航
もう見ることの出来ない懐かしい船です。
今は、新船が建造されました。
(2011年1月12日読売新聞のHPより)
 
“矢田の渡し号”事業費4,500万円
全長10.0m、4.9トン、幅2.98m、5ノット、75馬力
(WebさんいんHPより)
 
第二多賀丸 第二多賀丸
第二多賀丸
これらの写真はCanon Eos-1,75~300mmF5.6 フジクローム100を2倍増感
サイバーショットTX-5コンデジで接写、正規の接写の方法で無いのでPhoto Shop7で、調整しても
綺麗にならない。
 
片道1分間 冬の通学風景
片道僅か1分間、でも、冬の朝は寒い・・・
 
第二多賀丸 自転車通学の生徒
自転車通学の生徒
基本フェリーなので、普通車(4.8mまで)一台と、自転車の生徒たちを乗せる事ができました。
矢田に住んでいて、一度は、乗ってみる必要があると思って、用事が無いのに普通車で乗り込むことにしました。
第二賀賀丸が、桟橋近くに接近すると、エンジンがうなりを上げスクリューが逆回転、見事に
微速で接岸します。
エンジンをフカシたまま船の先端のゲートを桟橋の上に平らに下げ、汽笛を鳴らすと、それが下船しても良いという合図です。
まず、自転車の生徒さんや、勤めの人、向こうのおばさん達が降りると、汽笛が合図して、今度は自動車の順番です。
そろそろと、船に向かってバックします。
初めてのことなので、川に落ちたら大変と少し緊張しながら船の甲板の車止めに当たるまでバックします。
車の乗員は、車から降りずにそのまま対岸まで乗ったままです。
 
当店のお客様で、棟梁ですが、大工仕事で度々車を載せてもらったことがあるけど、一度だけ、乗り込むときに、船との意志の疎通が悪かったのか、車が川に落ちそうになった事があると、こわい話をしてくれました。
皆が乗り込んだら、汽笛をひと鳴きさせ、ゲートを上げます。
そのまま大橋川にむけ、一旦バックしながら180度Uターン、バイクのスピンターンと言う所ですが、ここは船長の腕の見せ所
スクリューの回転や、逆回転の調整、スロットルをあざやかに調節して、、
エンジンの高回転の音を響かせながら約5ノット(時速約9.5km)ほどの速度で1分もかからず対岸に接岸する。
お客さんが待っていると同じことの繰り返しです。
 
でも、大橋川は、ほかの漁船も通ります。(もとへ、ほかの船の航路を第二多賀丸が横切っているのですが)
かなりのスピードで、第二多賀丸の航路を通過しますので、漁船が大きくかき分けた水面がうねりとなって増幅し、両岸に何度も何度もおしよせ大波が岸壁を洗います。操船も大変です。
 
船長も乗せた人たちの命を預かっています。朝、大橋川が霞でもやった時、大雨や、冬の風の強い吹雪、他船の接近など、大変な仕事だなと感じていました。
 
 
 
着岸したところ 矢田側に着岸したところ
フェリーが、矢田側に着いたところ
 
自転車通学女生徒 自転車通学の女生徒
自転車通学の女生徒
 
第二多賀丸と島大生 第二多賀丸と島大生のボート
狭い川幅なので、見慣れた情景でした。
 
ニアミスではありません。
ニアミスではありませんが、こんな光景も目にしました。
 
早朝霧の朝に
早朝の霧の朝
 
朝組側乗船場 朝酌側乗船場
朝酌側乗船場
 
第二多賀丸船上の女 第二多賀丸の戦上の女
第二多賀丸船上の女
 
 
現在の矢田の渡し、大橋川のしじみ漁は、こちら
ア​ク​ア​プ​ラ​ザ​い​し​は​ら​
アクアプラザいしはら
有限会社石原養鯉場
〒690-0021
島根県松江市矢田町20-1
TEL.0852-22-1140
FAX.0852-31-7564
────────────────
・出雲なんきん、熱帯魚、金魚、宇野系らんちゅう、海水魚、無脊椎、錦鯉、メダカ、エビ、川魚等の販売
・各種水槽・関連器具・書籍販売
・水槽、濾過槽オーダーメイド
・水槽メンテナンス管理
────────────────
 
|トップページ|ラインナップ|水槽のオーダー|店舗紹介|ご注文とお問い合わせ|サイトマップ|良くある質問|特定商取引に基づく表示|個人情報保護方針|いづもナンキンのご注文方法|秋のいづもナンキン祭り2歳10月29日|いづもナンキン祭り当歳優魚10月25日|秋のいづもナンキン祭り2歳 10月19日|決算特選優秀魚2、3歳入荷9月18日  |決算セール在庫特選魚3~4歳9月11日 |いづもナンキン特選魚 お盆特別セール|ナンキン2歳良魚7月31日UP その3|いづもナンキン親魚の優秀魚UP 6月3日|いづもナンキン特大優魚 完売参参考資料|H29年度いづもナンキン品評会入賞魚画像|いづもナンキン親魚の部 超大型優秀魚完売|看板娘ナンキン鹿の子姫 Sold Out|平成27年度いづもナンキン品評会|27年度いづもナンキン分譲会展示参考魚|品評会26年度いづもナンキン振興会入賞魚|出雲なんきんの検証|お知らせ 24ねん度 品評会 店情報|いづもナンキン振興会分譲会7/6開催|いづもナンキン分譲会報告|出雲なんきんのご紹介|革新の濾材誕生 ROKAのチカラ|25年度いづもナンキン振興会品評会写真|安来楽蘭会品評会 道の駅“あらエッサ”で|商品紹介|知って得するEHEIMパイプ曲げ裏技|魚の病気と水質|店長代理猫“ライカ”と“くー”|大橋川の風物詩 矢田の渡し|矢田の渡し 昔のPhoto Album|
<<アクアプラザいしはら 有限会社石原養鯉場>> 〒690-0021 島根県松江市矢田町20-1 TEL:0852-22-1140 FAX:0852-31-7564